4月 13

資格証明証で処方薬買えず

弘前調剤薬局ファルマの方々が県庁を訪れ、
県に対し要望をしました。

日ごろの薬局業務において
鶴田町の住民が
医師から処方された薬を買おうとしたが、資格証明書のために
薬代の全額払えず、短期保険証に切り替えてもらいに
役所の窓口に行ったが、
滞納額の半額を払うなどしなければ切り替えられないと
断られるという事例があったために
是非とも、このようなことが起きないよう
法律に基づき
速やかに短期保険証を発行するよう
県から自治体に指導してほしいと要望しました。
そして、県内の自治体で同様の事態が発生していないか調査を依頼しました。
また、その他
処方せんにもとづいた薬を出してもらっても薬代を払えない人が増えていることなど
実情を詳しく説明していました。
また、医師に診断されても薬を処方してもらわず、治療を断念している人もいるとのことでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA