10月 7

常任委員会

議会中の常任委員会が5日に行われました。

議会に提出され農林水産委員会に付託された議案と特定付託案件の質疑が行われました。

以下質問の項目だけお知らせします。

■付託案件

問1 議案第1号 平成29年度青森県一般会計補正予算(第1号)案について

(1)債務負担行為 平成29年度畜産経営体質強化支援資金の利子補給について

ア 畜産経営体質強化支援資金は、どのような目的でつくられたのか伺いたい。

イ 融資枠及び債務負担行為設定額の根拠について伺いたい。

 (2)歳出6款1項15目 畑作振興対策費 産地パワーアップ事業費補助について

ア 本年度に追加となった事業の内容について伺いたい。

イ 当事業の活用が多い野菜の品目と、機械の種類について伺いたい。

 問2 議案第5号 青森県国営土地改良事業負担金等徴収条例の一部を改正する条例案について

今回の改正内容について伺いたい。

 問3 議案第6号 青森県県営土地改良事業分担金等徴収条例の一部を改正する条例案について

(1)今回の改正内容について伺いたい。

 (2)土地改良法の改正の概要について伺いたい。

 (3)農地中間管理機構と連携した基盤整備事業について伺いたい。

ア 現在実施している事業との違いは何か。

 イ 農業者の同意を得ずに事業を実施すると、農業者の意向が事業に反映されないのではないか。

■特定付託案件

問1 クロマグロ資源管理に係る漁業共済制度について

(1)資源管理などで漁獲金額が減少した場合、漁業共済制度で減収が補填されるようだが、資源管理前後の共済金の支払状況はどうなっているか。

(2)資源管理によって、今後ますます漁獲金額が減少していった場合でも、漁業共済制度で十分に補填していけるか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA