12月 16

馬飼育場の環境改善求め現場へ

12月14日

近隣の方からの要望でし尿水処理の是正を求め、

県畜産課根城総括主幹、西北県民局農林水産課葛西次長、中泊町役場農政課美弥子氏課長補佐ら同行のもと中泊町にある建設会社経営の馬肉用馬飼育場を訪れました。

以前にも一度是正を求め、飼育場の周りに側溝を設置し、そこからし尿雨水を貯めるマスに誘導するようにする工事をしていただきました。

今回の申し入れに対し県からの指導もあったようで、以前の工事でやりつくしていなかった側溝を先週完了したとのことで見せていただいてきました。

周辺の地権者に何か問題が起きれば賠償をきちんとする用意があると社長が述べておられました。

マスにたまったし尿雨水は、自分の田に撒いているということですが、一年中まいて処理しきるのだろうかという疑問が少し残っています。

 

 今回改善された場所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA