8月 23

総務企画危機管理委員会で質問

8月21日に開催された委員会にて次の4点の質問をしました。

<総務部関連>

1 県職員が官製談合防止法違反等の容疑で逮捕された事案等について(人事課)

(1)平成29年12月に公正取引委員会事務総局が各発注機関に対して行った官製談合防止に向けた発注機関の取組に関する実態調査に関し、人事課関係分の主な項目とそれに対する回答について伺いたい。

(2)中南地域県民局地域整備部職員が官製談合防止法違反等の容疑で逮捕された事案について、人事課として再発防止策をどう考えているのか伺いたい。

(3)官製談合防止法違反等の事案のほかにも県職員が逮捕される事案が連続して発生したが、人事課として再発防止策にどう取り組んでいくのか伺いたい。

最後に「県民の信頼回復に向け対策強化と職員一丸となって全力で取り組んでいただきたい。」と要望しました。

2 省庁で明るみになった障害者雇用数の不適切算定について青森県においては同様なことがないか。・・・これについては明確に「ありません」という答弁でした。
<企画政策部関係>

1 移住促進に向けた取組について(地域活力振興課)

(1)青森暮らしサポートセンターへの相談件数と、同センターを介した移住者数の推移について伺いたい。

(2)「あおもり移住倶楽部」の概要について伺いたい。

 

<危機管理局関係>

1 消防団員の確保対策について(消防保安課)

(1)消防団員の役割について伺いたい。

(2)本県の消防団員数及び充足率について伺いたい。

(3)本県の女性消防団員数及び全消防団員数に占める割合について伺いたい。

(4)消防団員確保及び女性消防団員の加入促進に向けた県の取組について伺いたい。
 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA