12月 14

総務企画危機管理委員会で要望活動

2018年12月12日から13日に委員会要望活動が行われました。

12日は名古屋空港内にて、株式会社フジドリームエアラインズ代表取締役社長三輪徳泰氏に対して
名古屋・青森一日3便の定期便の継続措置と名古屋・三沢便の充実を求めました。

13日は、内閣府小平卓大臣官房審議官、および県選出国会議員に対し、火山防災対策の充実について求めました。
私は体調不良のため内閣府の要望は参加できませんでしたが、その後の国会議員に対しての要望活動はなんとか参加しました。

直接お会いしました国会議員は、青森県選出の自民党の對馬衆議院議員、江渡衆議院議員、国民民主党の田名部参議院議員で、要望書を秘書に手渡してきた国会議員は、日本共産党の高橋千鶴子衆議院議員、自民党の木村次郎衆議院議員などでした。

江渡衆議院の控室は、喫煙可となっており、喫煙者である県議がすぱすぱやっているのには驚きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA