4月 22

20歳の運転手

わずかな期間ですが市議選の間、急きょ用意された政党カーで宣伝をしています。その運転手をかって出てくれたのが、20歳の若い女性。免許をとって1年という初心者マークが取れたばかりの人ですが、なかなかの運転ぶりに拍手!私が訴えている間、堂々と旗をもって立ってくれています。
昨日から彼女と一緒に農村地域を中心に回っています。農作業している人が見えると車を止めて話します。時に農作業の手を休めて近くまで来て聞いてくれていたり、話が終わってから話に行くと、「安藤さんすごかったね!今度もその勢いでがんばって」と激励してくれる人が多かったです。ただ一人だけ「どの候補者も農業を守るって言っていくが農業の何をまもるのか。去年のひょう被害で大打撃を受けた時役所に行っても前年度の所得が200万円以上なければ融資できないと言われ、結局貧乏な農家はやめろというのと同じだ」と怒っていました。
「皆さんのそうした声をしっかり聞いて議会に届けて頑張っていきます。昨年のひょう被害の時にも松木平や大沢地区にきて被害状況の調査をして、農家の皆さんの肥料代や薬代の助成をの声を議会で訴えてきました」と報告しました。10分くらい話をしてきたので投票に結びついてくれることを期待します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA