9月 21

党の第4回中央委員会に出席

急きょ招集がかかった第4回中央委員会が9月19日に開かれ、出席してきました。
この会議で志位委員長の名で「戦争法(安保法制)廃止の国民連合政府」実現をよびかけます。との内容を全会一致で決めました。
19日未明に参議院本会議で採決・可決された「戦争法」は、違憲であり国民の反対の声に耳を傾けずに数の力で採決したことは許されません。そもそも昨年の総選挙は17%の有権者の支持で議席の多数をとった欠陥選挙制度のもとの結果です。
立憲主義を取り戻すためにもぜひとも戦争法廃止に向けた新たな運動を強めなければならないと思います。戦争法廃止の立場の国会議員を過半数以上生み出せる選挙協力も具体化させる呼びかけをすることになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA