1月 13

消防出初式

1月13日 弘前市・西目屋村消防団出初式が第一会場は弘前市土手町通り、第二会場は弘前文化センターで行われ参加しました。

9時30分 弘前市長が開式報告を述べた後、全ての分団の人員服装点検が行われ、土手町に消防自動車の前に勢ぞろいした団員の方たちの前を、観閲者である弘前市長、副観閲者である西目屋村長、観閲者付である消防次長兼弘前消防署長並びに東消防署長等を先頭に、そのあとを私たち来賓者が歩きました。

市町村合併したこともあり岩木・相馬の分団も加わり、弘前団本部の他弘前市消防団は21分団となり、その他西目屋村消防団と総団員数1947人、出場人員は1382人にもなります。

ラッパ隊に初の女性も加わり少し華やいだ感じです。

服装点検のあと機械点検、まとい振り演技、徒歩部隊分列行進、車両部隊分列行進とプログラムが進み第一会場の式は終わりました。

  

 女性消防分団 行進の様子

74台の車両が出場しました。

第二会場では、各賞表彰や弘前市長講評、弘前市消防団長訓示などがありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA