6月 24

市民オンブズマンネットワーク

6月16日北海道・東北市民オンブズマンネットワーク弘前例会に出席しました。

第1部は西東克介弘前学院大学教授による「情報公開・集団主義文化」と題する講演

第2部情報公開にかかる事例報告として高松敏明弘前市民オンブズパーソン事務局長が弘前市の事例報告がありました。

第3部は、政務活動(調査)費人件費受取人名は「個人情報」でよいのかというテーマで、葛西聡弁護士より青森県政務活動費人件費領収証から見えたものと題して報告がありました。

一、青森県議会議員の2012年度分の政務調査費の返還履行を求める住民訴訟から文書提出命令まで至った経緯が報告されました。

☆原告ー主に「議員事務所」諸経費に支出されている政務調査費について、適正に按分されているのかどうかという点に重点を置いて提訴

★被告ー「人件費については政務調査活動以外の対価は含まれていない」

☆原告ー「そのことを裏付ける人件費の領収書や雇用契約書を提出すべきだ」

★被告ー人件費領収書、雇用契約書を提出(指名・住所はマスキング)

※2件の議員事務所の賃貸借契約書ーマスキングなし

●X議員事務所建物の家主=A社  A社の代表取締役社長=X議員
●Y議員事務所建物の家主=C社  C社の代表取締役社長=D DはYの妻

※原告がマスキングのない文書の提出を求めたが、被告がこれを拒否したため申立て

二、県議会議員の「視察旅行」

☆2016年6月17日に住民監査請求、9月16日に住民訴訟提起

M議員に対する714,904円の返還請求を求める

☆本年3月にM議員が714,904円を返還したことが判明

 

・・・・・青森県議会議員に対してのこれらの報告に、詳しい内容を初めて聞きオンブズパーソンの日ごろの活動が出した結果を大いに評価したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA